【レビュー】YOKONE2(ヨコネ)を親子で試してみた!

いびきと肩こりで悩んでいる母にプレゼントしようと、YOKONE2の購入レビューを探したんですが、情報が少ない!

検索しても、旧YOKONEのレビューが多く、リニューアルしたYOKONE2に関してはあまり参考になる情報がありませんでした。

そこで!情報がないなら実験体になってやる!と、この機会に母に実験体になってもらい効果を検証してから、自分も購入しました。笑

YOKONE2を使ってみて、母はすぐ効果を実感できたそうですが、私は効果を感じるのに時間がかかってしまいました。

今回は、YOKONE2を使ってみて感じた使用感注意したいことどうすれば効果を実感しやすいのか詳しくレビューしていきます。

 

 


「YOKONE2」は、いびきを軽減できるか知りたい

「YOKONE2」は、肩こりや腰痛を軽減できるか知りたい

「YOKONE2」のデメリットを知りたい

「YOKONE」ではなく「YOKONE2」のレビューを知りたい

 

「横向き寝」のメリット、デメリットは知っておこう。

YOKONE2は「横向き寝専用枕」。横向き寝専用で作るぐらいなので、すばらしいメリットがあるのですが、デメリットもあるんです。

レビューを読む前に知っておいてほしいので、簡単に説明していきます。

⇒すぐに使用レビューを読みたい人はここから読めます。

横向き寝のメリット

  • いびきを軽減できる

  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の防止

  • 腰痛が楽になる

  • 肩、首の痛みを和らげる

  • 寝相の中で「横向き寝」が1番アルツハイマー型認知症になりにくい

  • 睡眠の質が上がる

 

デメリット

  • 骨盤にゆがみが出る場合がある

骨盤のゆがみは日々の生活を送っていても起こることなので、そこまで深く考える必要はないかもしれませんが、すでに骨盤のゆがみによる腰痛がある場合は横向き寝はおすすめできません。

横向き寝はデメリットもありますが、いびき、腰痛などを軽減できるすばらしいメリットがたくさんあります

1日の中で最も時間を使う睡眠を質のいいものにすれば、あなたの生活が大きく変わるはずです。

 

「YOKONE2(ヨコネ)」のすごいとこ!

横向き寝は、ただ横に寝ればいいだけではありません。枕の高さ硬さなどさまざまな要素が必要です。

旧YOKONEからリニューアルし、さらに進化したYOKONE2は、理想的な姿勢で眠れるよう設計されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=3k73e8hTRxs

YOKONE2のすごいところ5つ

  1. 重心をまっすぐにし理想的な姿勢で眠れる

    首のラインが一直線(水平)になることが、横向き寝で最も大切なポイント。
    YOKONE2は理想的な姿勢にすることで、気道を狭まりにくくし、いびきを軽減。首肩の負担も小さくなるよう設計されています。

  2. 「頭」「首」「肩」「腕」の4点を支える特許技術で力の分散に優れている

    首のラインを一直線にするだけでなく、それぞれの部位にかかる圧力を分散させることでさらに肩こりや首の痛み、腰痛も和らげてくれます。

  3. 高さ調整ができる

    自分に合った枕を選ぶ時のポイントは「高さ」も重要。YOKONE2は中に2枚の高さの違う2種類の調整マットが入っているので自分にピッタリの高さに調整できます。
    ウレタン素材(低反発)の枕で、高さ調節できる枕はなかなかありません。

  4. いろいろなパターンで使える

    高さ調節をさらにできるよう、下は低く上は高く設計されています。
    たまに違う高さで眠りたいときにもしっかり対応してくれます。

  5. 硬さを選べる

    枕の硬さの好みは人それぞれ千差万別です。YOKONE2は「ハード」「ソフト」から硬さを選ぶことができます。

 

YOKONE2は横向き寝で最高の寝心地がしっかり考えられていて、睡眠の質を上げ翌朝の爽快感家事や仕事中の集中力アップなどたくさんの効果が期待できます。

 

私が「YOKONE2(ヨコネ)」を選んだ理由

初めはオーダー枕を頼もうといろいろ探していたのですが、自分で図ったり、実際お店に来てくださいなど、めんどくさがりな私にはかなり敷居が高く感じてしまいました。

他によさそうな枕を探して、偶然見つけた枕が「YOKONE2」でした。

私がYOKONE2を選んだ理由は、「いびき」と「翌朝の首の痛み」を軽減できそうだったから。

今まで使っていた枕は、クッションのような沈み込む枕に高さを出すための小さい枕を使用していました。

今まで使っていた枕

YOKONE2を使い始めて、今まで使っていた枕は頭が沈み込み寝返りしにくく、いびきをかきやすい状態で寝ていたと実感しました。

枕っていい睡眠をするためにとても大切なんです。

YOKONE2は、いびきの軽減に期待できる横向き寝専用でさらに、4点を支え重心を真っすぐにし肩や首の痛みを和らげてくれるから私の悩みにぴったりだったんです。

しかも、製造販売しているムーンムーンさんは私の愛用している「光目覚まし時計 inti」も作っている会社なので安心して購入しました!

 

「YOKONE2(ヨコネ)」が届いたよ

先に母にプレゼントし効果を実感できると確信していたので、早速「YOKONE2」を注文しました!

外箱レビュー

第一印象「箱でかっ!!」でした。

箱のサイズはなんと、横62×高さ38cm!想像以上の大きさです!

黒い箱にYOKONE2の手書き風のイラスト。背面にはロゴが大きく描かれています。おしゃれでかわいい箱ですね。

プレゼントしても喜んでくれそうです!

 

開封!中身チェック

 

中に入っているのはこの本体と用紙7点。使用する前に、中身の確認と不良品確認は必ず行いましょう。

同梱されているもの7点

  1. ごあいさつ用紙×1枚
  2. 睡眠読本×1枚
  3. YOKONE2使用方法×1枚
  4. 不良品問い合わせ×1枚
  5. 関連商品紹介×1枚
  6. 睡眠日誌×1枚
  7. 明細書×1枚

 

 

前回はあった2年保証はなし

旧YOKONEは2年保証がついていたのですが、今回は付いていません。

問い合わせたところ、「リニューアルして、さまざまな人に対応できるように設計しているので満足していただける。」とのこと。

初期不良などに関しては、もちろん対応してくれるそうです。自信の表れですね!

 

本体を詳しくチェックしてみた

冒頭でも言いましたが、旧YOKONE(青い枕)のレビューが多いので間違えないように。YOKONE2は画像の白い枕です。

 

YOKONE2をいろんな角度で撮ってみた

YOKONE2は、独特な形をしています。

まずは正面。上下使えるよう設計されています。

裏面は中身を取り外すようのファスナーが付いています。

左部分。羽と呼ばれる部分が特徴的です。


右部分。左右は同じ形をしています。

素材アップ。メインは冷感素材です。

首元アップ。首は冷やさないように配慮されています。

中身は低反発(高級ウレタン)素材で程よい沈み込み

YOKONE2の素材は、人気の低反発(高級ウレタン)素材を使っています。

低反発の特徴は、「力の分散」と「フィット感」。一度体験すると2度と手放せない魅力があります。

 

高さ調節シートが2枚付いています

高さ調節用のマットが2枚付いています。

1cmと2cmの高さの違うマットなのでジャストフィットに調整可能です。

 

YOKONE2の高さを測ってみた

YOKONE2は下が低く上が高くなっていて、自分の好みで使い分けることができます。

 

低い方の高さ:12cm

 

高い方の高さ:15cm

その高低差は3cm。たかが3cmと思うかもしれませんが実際使ってみて3cmって、かなり重要なんだと分かりました!

※画像は高さ調整マットを入れたサイズです。

 

触った感じは結構硬め!

「ハード(硬め)」「ソフト(柔らかめ)」の2種類から選べるように進化したYOKONE2。

私は、もともと柔らかい枕を使っていたので「ソフト(柔らかめ)」を選びました。

実際触ってみた感触はソフトでも意外と硬く、しっかりとしています。この硬さならしっかり首を支えてくれそうです。

 

こんな変わったな形は「YOKONE2」だけ!?

なかなかのサイズ感!そしてこの独特な形状。

大きい理由はこの2点があるからと言えます。

  • 羽部分
  • 腕を支える部分

この2点があることでいろいろな使い方ができるようになっています。

 

YOKONE2の使い方

使い方はこんな感じです。

 

基本はこっち向き。

反対側は少し高くなってます。

意外とこっちも使えます。

実は寝る前の読書にも使えるよう設計されています。

 

私が2カ月間「YOKONE2(ヨコネ)」使ってみた感想と評価

お待たせしました!実際2ヶ月間使用して「いびき」「首、腰の痛み」は軽減できたのか感想を発表!

正しく検証するために簡単なルールを決め、翌日に付属のチェックシートに記入することにしました。

基本ルール

  1. 寝る時間  10時
  2. 起きる時間 6時
  3. 寝る前のお酒はなし

付属のチェックシート使用

 

スタート〜3日(高さ調節に苦戦、首、腰、耳の痛み発生)

いよいよ始まりました。翌朝を楽しみにまっていたのですが、朝起きると首と腰に痛みが発生。さらに今までなかった耳の痛みも出ました。

いびきもかいていたようで、枕が高く首が曲がっていたことが原因だと思い高さ調整用のマット2枚を外ししばらく様子をみるようにしました。

 

4日〜1週間(自分に合う高さにできたかも)

高さ調整用のマットを2枚外すことで高さは自分に合ったようで、腰、首、耳の痛みは軽減できました。

もう一つ分かったことが、「マットレスとの相性」があること。

私は低反発マットレスを使用しているのですが、体の重みに合わせて沈み込むので枕の高さも低くしないといけません。

寝始めはいいのですが、時間がたつと徐々に体が沈み、枕が高くなり肩や首が痛くなってしまううんですね。

 

1週間〜2週間(朝の口の渇きが少なくいびきを軽減できている)

朝起きた時の首の痛み、腰痛がない日が増えました。

自分のピッタリの高さを見つけることが一番大切なんだと実感できています。

朝の口の乾きも少なくなり、横向きで寝ることで鼻呼吸ができ、いびきも軽減できていますね。なんだか朝の気だるさもないような気がします。

 

2週間〜1カ月経過(仰向けだと高く感じることが重要かも!)

使っていくうちに、仰向けになったときに感じる枕の高さに違和感を感じていることに気が付きました。

横向き寝専用なので仰向けになったときは枕が高く感じます。それが違和感となり自然に横向きになる。

この違和感が、自然に横向き寝になるよう設計されたYOKONE2のすごいところなんですね!

 

1カ月〜2カ月経過(横向きに慣れ熟睡できている)

なんとなく寝ることが楽しみになっています。

重要だと感じた「仰向けのとき感じる違和感」にも慣れ完全に自然に横向き寝ができています。

家族に聞いても、「いびきかいてないよ。」と質の高い睡眠ができているようで、今まで夜中目覚めていたことがうそのように熟睡できていると実感。

正直言うと、枕なんかで変わるわけがないと思っていました。やっぱり使ってみないと分からないですね。

まさか枕でこんなに睡眠の質が変わるのかと。驚きの2カ月間でした。

 

2カ月間使ってみた感想と評価

「いびき、首や腰の痛み」は軽減できました!

使い始めてすぐ効果を実感できるものと思い込んでいたので、慣れないうちは「なんだよ。」と思ったりもしました。

ですが、高さ調整などしていくうちにどんどん自分仕様になり効果を実感できるようになりました。

いきなり高すぎる枕を使うと寝付きが悪くなる場合もあるので、最初は仰向けでも大丈夫なように低く、徐々に高くしていくと慣れやすいかもしれません。

すぐ効果を実感できる人もいますが、そうでない人は、高さなどを調整し最低でも1ヶ月は毎日使うことで効果を実感できると思います。

 

母親に使ったってもらった評価は?

実験体にされた母は、使い始めて3カ月程経過しています。

YOKONE2をプレゼントしたときの第一声は私と同じで「箱でかいよ!!」でした。

公式サイトで注文すれば、ラッピングも無料でしてくれます。

おそらく似た症状の人もいると思いますので母の状態を書いておきますね。

母の特徴

  • 50歳
  • やや肥満体型(安心感あります)
  • 睡眠時間 20時〜翌6時(10時間)
  • 大きい音のいびき
  • 肩こり、腰痛あり

いつも朝起きると口を開けて寝ているので喉がカラカラ。首の痛み、腰の痛みが出ているようです。

母は、初日から効果があった!

私と違い母は翌日から効果があったそうです。特にいびきをかかなくなり、スッキリ起きられるようになりったと大喜び。

肩の痛みは、慢性的なものなのでいきなり良くなることはありませんが少しずつ痛みは引いていると感じているそうです。

毎日いびきを聞いていた父は急にいびきが聞こえなくなり、心配になり何度も目が覚めたそうです。

 

注意!成長期の子供には使わないほうがいいかも

息子(5歳)が「使いたい」というので試しにお昼寝で使わせてみたら、枕が高すぎたせいでいびきをかき呼吸しずらいようでした。

高すぎる枕はあごをひく体勢になり、のどが圧迫され子供の睡眠中の呼吸を妨げてしいます。

YOKONE2は、成人向けに設計されている枕。さらに横向き寝専用なので、普通の枕に比べ高さがあります。

子供にとって、睡眠中の呼吸は成長するためにとても重要なことなので、成長期の子供(11歳ぐらいまで)には使用しないほうがいいと思います。

 

使って分かったココがいい!(メリット)

さらに詳しくYOKONE2のココがよかったと思うところを紹介していきます。

枕の形が頭にフィットする形

使ってみて分かったんですが、ちょうどいい感じに頭にフィットするんです。

低反発(ウレタン)素材なのでどんな頭の形でも優しくフィットしてくれるんですが、この絶妙な形でさらにフィット感を得られます

頭の形にフィットすることで、寝ている時の安心感が違います。そして頭にかかる力を均等に分散できるので朝起きたときの首、肩こりの軽減に効果を発揮してくれます。

 

横向きを促してくれるよう高めに設計

YOKONE2は横向き寝専用なので普通の枕より高さがあります。仰向けで寝られない訳ではないですが、人によっては高く感じると思います。

ですが、その高さが逆に横向きを促してくれます。私も始めは慣れず少し違和感があると感じていたのですが、慣れさえすれば最高の寝心地です。

 

高さを変えられる

私が選んだ理由でもあるのですが、高さを調整できてほんとに良かったと思いました。

一番自分に合う枕は「高さ」が合うかどうかで決まると言ってもいいでしょう。少しの高低差で驚くほど寝心地が変わりました

 

首元を支える形

旧YOKONEでも使用されていた首元にフィットする優しい曲線設計

この曲線が首にかかる負担を和らげてくれます。さらに寝返りも打ちやすくストレスなく眠ることができます。

 

冷感素材が気持ちいい

YOKONE2の特徴でもある「冷感素材」。頭を冷やすことで眠りに入りやすくなり安眠につながります。

YOKONE2で使っている冷感素材が驚くほどひんやりで気持ちいいんです。もちろん熱もこもりにくくなっているので不快感なく一晩中グッスリ眠ることができます。

 

いろいろな使い方ができる

いろんな使い方ができると、自分に合った枕の高さを選ぶバリエーションが増えますよね。また、その日その日で枕の高さを変えたいときなどにも対応できます。

読書に使える機能は必要かな?と思っていたんですが、いざ寝る前に本を読むとき使ってみると「腰が痛くない」「腕も疲れない」かなり楽に本が読めます。

寝る前に本を読む私にとってこれほど便利なものはないなと。こういったちょっとしたオプションは、満足ポイント高くなりますね。

 

ちょっと使いにくいと思うところ(デメリット)

YOKONE2は、すばらしい枕なのですが、使っていて少し気になる所もありました。

枕が滑りやすい

敷布団との相性もあると思いますが、枕全体に冷感素材を使用しているので、寝ているときに枕が滑ってとても気になりました。

 

思ったより硬い

2種類選べる硬さから私は「ソフト」を選んだのですが、思った以上にしっかりした硬さがありました。

実際使ってみるとソフトでもある程度の硬さがないと、横向き寝に影響が出てくることが分かりましたが、始めは「えっ?ソフトでもこんなに硬いの?」となりました。

 

においが付きやすい

女性はそれほど気にする必要はありませんが、男性の場合すぐに中に低反発(ウレタン)に匂いがついてしまいます。

カバーだけなら洗えばすむのですが、中のウレタン素材に匂いがつくとなかなか匂いはとれません

低反発(ウレタン)素材は空気がこもりやすいので、定期的に陰干し空気を通さないといけませんね。

 

枕が快適なのでほかの安眠グッズを探してしまう

一度その良さが分かると、次から次へと他の安眠グッズを探してしまいます。この欲求は底なしですね!

 

こう使えば快適!YOKONE2のおすすめな使い方

YOKONE2の気になるところをカバーして、快適に使える方法をご紹介。

使う前に陰干しする

箱を開けると、ウレタン素材特有の匂いがします。

使っていると匂いは消えるので、気にならない場合はそのまま使っても問題ありませんが、一度陰干しすると匂いが取れるので匂いが気になる人はぜひやってみてください。

 

枕の下にタオルを敷く

冷感素材カバーが思った以上に滑りやすいので、枕の下にタオルを引くようにすると滑りにくくなりました。

 

カバーの中に薄いタオルを入れる

普通なら枕の上に枕を引きたい所ですが、冷感素材がかなり気持ちいいのでいい方法はないかと考えたらこの方法がベストではないかと。

中にタオルを入れることで、冷感素材は使えるし、中の低反発素材につく匂いも少なくなり一石二鳥です。

 

高さは低目から使ってみる

自分にぴったりの高さに合わせることが安眠への近道です。

横向き寝専用なので枕は高めに設計されています。首に違和感や耳が痛くなる場合は枕が高く首に負担がかかり、力をうまく分散できていません。

そうなるとぐっすり眠れないので、始めは低く、徐々に自分に合った高さに調節していくほうが、負担をかけずいいかなと思います。

高さ調節なしで翌朝の違和感がない場合は、そのまま使用して大丈夫です。

 

柔らかい枕を使っている人は「ソフト」がおすすめ!

公式ページでは「硬め(ハード)」をおすすめしていますが、ソフトでも結構硬くしっかりした枕だと感じました。

なので、もともと柔らかい枕を使っている人は柔らかめ(ソフト)が合うと思います。

私自身、柔らかめ(ソフト)を使ってみて、これでよかったと満足しています。

 

「YOKONE2」は高さが合えばぐっすり眠れる!

YOKONE2だけでなく枕全般に言えることですが、ぐっすり眠れるかは「枕の高さ」で決まるといっていいでしょう。

普通の枕は高さ調節はできないものが多く、タオルや小さいクッションで高くすることはできても、低くできる枕はそうありません。

ましてや、YOKONE2のような低反発(ウレタン)素材の枕で高さ調節できるもの自体非常に少ないです。

YOKONE2なら3段階の高さ調節+上下の高さで調節できるので、ほとんどの方が自分に合った高さにすることができます。

 

まとめ :「この枕合わない」がなくなり、誰でも効果を期待できる枕

自分や母が使ってみて効果を感じた理由は、「横向き」「高さ調節」この2点です。

YOKONE2は、横向き寝専用なのでいびきの軽減はもちろん、自分に合った高さにできるよう取外し可能な調整マットもついています。

オーダーで枕を頼むと手間と時間がかかります。

YOKONE2ならオーダー感覚で自分で調節することができ、手間も時間もオーダー枕ほどかかりません。合わなくても調整できるのもYOKONE2の魅力ですね。

初めて真剣に枕を選んだんですが、大満足でした。

以上「YOKONE2」のレビューでした。これから枕を探す方の参考になれば私もうれしいです。